( 2 )


 私は今、ブラックコーヒーを飲みながら殺人を犯している。

暖かな木漏れ日が差し込む喫茶店。その窓際の席で、私はカップを口から離した。

黒い液体に角砂糖を放り込む。やはり高校生の私にブラックは無謀な挑戦だった。

砂糖を優しくかき混ぜて、スプーンを皿に置いた瞬間私は悟った。店内の誰一人として、今私が人を殺したことを知らない。

 呼吸が荒くなるのを感じた。顔全体に、生ぬるい汗が滑る。激しく打つ鼓動の音が、頭の中で反響している。

「お客様」

 突然の声に、私は顔を上げた。それと同時に、出来の悪い左手がコーヒーカップをひっくり返した。

乱暴な音と共に、食器と黒い液体が床に散らばる。飛び散った熱い液体が腕にかかり、私は現実世界に引き戻された。

「大丈夫ですか!?」

「す……すみません!」

 声が裏返っていた。何かもっと気のきいた言葉を発するべきなのだろうか。けれどまるで、喉の奥に異物が詰まったようだ。

 慌てて散らばったカップを拾っている店員の手には、私が注文していたアイスが載っていた。何も恐れることは無かったのだ。

 私は脅えた目で、店内を見回した。物音に驚いた客たちが、私と店員に視線を向けていた。

驚きの視線もあれば、怪訝な眼差しもある。けれど私はそのすべてが、自分に向けられた悪意のように感じた。

 私は固く目を閉じて、制服のスカートを握り締めた。胃から黒い液体が逆流しそうだった。

「あれっ! 蜜柑じゃん!」

 悪意の中で、一際異質な声が振ってきた。甲高い、どこかで聞いたことのある声だった。

「ナギちゃん?」

 入り口に立っている少女に、私は見覚えがあった。中学の時のクラスメイト、ナギだ。

以前に比べて化粧がやや濃くなっている。

下着が見えそうなミニスカートと、そこから出ている小麦色の足に、私は絶句した。私には到底考えられない丈だ。

「あらら。何やってんのさこの子は」

 甲高い声を上げて、床のカップを拾おうとするナギを店員が制する。

「ごめんなさいねぇ。この子おっちょこちょいだからさ」

 まるで近所のおばさんのような口調で、ナギは笑っていた。

店員は愛想の良い顔をして、割れたカップを始末し終えた。

店員が居なくなった後、彼女は当然のように私の前に腰をかけた。

「久しぶりじゃん! 何あれ、店員にコーヒー引っ掛けられたわけ?」

「ううん。そうじゃなくて、私が……」

 そう言ったが、まだ心は冷静では無かった。思わず目が泳ぐ。その様子を不審に思ったのか、ナギは顔を不安の色に染めた。

「蜜柑? どうかしたの? 体でも悪い?」

 唇の血さえ引いている気がした。ナギの優しい声が、私の胃を更に重くする。私は、小刻みに揺れる体に力を入れて口を開いた。

「ナギちゃん、私……人を殺した」

「へ?」

 間の抜けた声だった。そしてそれが正常な人間が取るべき反応でもあった。優等生の解答だ。

そして彼女の表情もそれにそぐったものだった。口を半開きにして、呆気に取られている。

私はそれがとても恥ずかしくて、頬が燃えるようになった。

「……なんて言ったらびっくりする?」

 顔を笑顔の形に歪めたつもりだけど、本当に笑っていたかはわらかない。

私はさきほどの店員に負けないくらいの愛想笑いを浮かべたつもりだ。

 ナギは困ったような苦笑いをして、私の顔を眺めている。それを見て、もう私の胃は限界だった。

中の表面を鋭い爪で引っかかれているような痛みが走る。

「ナギ! ごめんお待たせ!」

 その時、店の入り口から一人の少女が駆け寄ってきた。制服を見ると、ナギの高校と同じものだった。ナギの連れということは明白だ。

「あ、友達みたいだね。じゃあ私そろそろ出るから」

「え? あ、ちょっと蜜柑!?」

 ナギが何か言ったようだったが、私は気にせずそのまま店を出た。

彼女の言葉を長々と聞いている余裕なんて無い。私はこれから、殺した少女の死体を隠さなければならないのだから。


『田中さんは本当に素晴らしい生徒でした。彼女のような才気に溢れた素晴らしい生徒を失ったことを、まことに残念に思います。

そして、彼女の命を奪った犯人に対し激しい怒りを抱いております』

 テレビの液晶画面から、高校の校長の声が聞こえる。けたたましいフラッシュの中で、小さくなっている姿がいたたまれない。

彼は『その犯人』が私だということを知らない。そして、これからも永遠に知ることはないだろう。

 私が隠したあの死体は、予想以上に早く見つかってしまった。

だからこんな状況になってまで、学校に行く気にはならなかった。

恐らく他の生徒の大半も休んでいるだろうから、私はあえて休暇を取ったのだ。

 私はベッドの中でぼんやりとしている。誰もいない部屋。私にとってそれはとても落ち着く空間だった。

仕事に出かけた母親はほとんどこの家に帰ってはこない。

父親は幼い頃に事故で死んだ。それ以来、私にとってこの空間は普通になった。

今この部屋の、誰も居ない空間はいつもとなんら変わらない。

「ねえ。死体は見つかってしまったね。すごく残念だわ」

 誰も居ない空間に声を放つと、それは虚しく響くだけだ。

けれど、誰もいないはずの部屋だというのに、声が聞こえてきたのだ。凛とした男の声だ。

何故そんなことが起こったのか。私はその理由を知っている。

「そうだね。僕も残念だよ。僕がもっと上手くやればよかったね」

 私がよく知っている青年が言う。

「ううん。結局私が悪かったわ。川に流せば流れも速いし、もう少し離れた地点で発見されると思ったのだけど……」

「いいじゃないか。俺が見つかっても、君は絶対に捕まらない」

 その言葉に、私は思わず頬をゆるめた。それと同時に、ひどく虚しくなってきた。

「いつまで続くんだろうね。この一人芝居は」

「君が望むまでだよ」

  頭の中の青年は、優しい声色で言った。いや、私が言わせたのだ。

確かに彼は言葉を発したが、それは結局私が言っているのと同じだ。

 彼は私の代わりに人を殺してくれる。けれどそれは私が望んだことで、結局少女を殺したのは私なんだ。

そう思うと、胸が締め付けられて苦しくなってきた。

「ねえ、私は捕まるかしら」

「そんなはずはないだろう。捕まるなら僕の方さ」

 自分が安心するためだけに言わせた言葉だ。解っているだけに、寂しい。

「そうね……」

 乾いた声は、意味の無い返答だった。私は二度寝するためにテレビを消して布団を深く被った。

けれど頭の中では、彼との思い出が蘇ってくる。



NEXT






BACK

inserted by FC2 system